車の鍵の歴史

車の鍵は1910年に誕生しました。エンジンを始動する鍵とドアの鍵は別々に作られ、ドアとエンジンの鍵がひとつなことが標準化となったのは1960年代です。

スマートキーとキーレスキーの違いは何?

鍵穴に入れなくても解錠・施錠・指導ができるスマートキー

スマートキーは、電波を使って車と通信しており、ポケットやカバンにキーを入れたまま解錠・施錠することができます。ドアの解錠・施錠だけなく、クルマ本体のスイッチを入れるだけでエンジンをスタートすることができ、そのまま車を動かすことができます。ただし、いったんエンジンを止めてしまうと再始動するためキーが必要になるため、鍵を持った人が不在になると車の再始動ができません。

リモコンでドアの解錠・施錠することができるキーレスキー

キーレスキーは、車の鍵穴に鍵を差し込まなくても、リモコンでドアの鍵の解錠・施錠をすることできます。ただし、エンジンをかけるときには、鍵穴に鍵を差し込みまわして始動させます。年々電子的になってきている自動車にとってキーレスは標準装備されていることがほとんどです。スマートキーよりもリレーアタックによる盗難被害に巻き込まれるリスクが低いです。

様々な形のものがある

鍵

防犯について考える際に、まず思い浮かぶのがカギではないでしょうか、扉や窓などをきちんと閉めて、あかないようにすることで外部から関係のない方が入ってくることを防ぐことができます。外出時には常に使うように気を付けておきたいものですが、その形には様々なものがあります。扉についているものでも、鍵を差し込んで回すものから、パスワードなどを入力して開けるものなど様々です。初めからとびらにつけておくタイプ以外にも、別途付けることができるものもあります。鍵の付いていないところに取り付けたり、複数のものでより防犯力を高めていくといった形で利用していくことができるでしょう。自分自身で手軽につけられるものもありますし、鍵屋さんに頼んで取り付けてもらう必要があるものもあります。自分の住まいや大事なところにつける場合には、どのようなものが必要かを見極めたうえで適切なものを選んでいきましょう。古くなったものなどは交換が必要になることもあります。

複数使うと防犯効果アップ

鍵

特に気にせず、扉についている鍵だけを使っているという方は、さらに防犯効果をアップさせるために鍵を増やしてみることを考えてみましょう。鍵があったとしても、それを壊されてしまえば防犯効果は亡くなってしまいます。一つ壊せばよいなら短時間でできてしまうので、空き巣などの侵入が容易になってしまうこともあるのです。たとえ簡単な鍵であっても、複数あるとそれだけ時間をかけることになりますので、発見される可能性も高く、途中で侵入をあきらめる効果が高いといわれています。近くで空き巣事件がある場合などは、ぜひ鍵を増やしてみることを考えてみましょう。安価で自分でつけられるものから取り入れ、長時間家を空けるときに着けていくようにすると安心感が増します。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中